経営ではあらゆる数値が流れています。特に、財務・管理・経理の経営資金に関する動きを正しく把握する為には、数値化が必要不可欠です。
こちらでは、改めて数値化することの重要性についてお伝えいたします。

具体的な計画策定

中期経営計画を定める事前準備として、経営数値を明確にしておくことは重要です。
現状の売上・支出・コスト・投資などの様々な財務状況を洗い出して具体的な数値で表すことが業績改善の第1歩となります。又、正確なキャッシュフローが把握できます。

例えば、低迷している売上を伸ばす為の戦略として経営計画を立てるのでしたら、それに応じて発生する人件費や仕入費、経費などの様々なコストが明確になり、PL(損益計算書)・BS(貸借対照表)・CS(キャッシュフロー計算書)が正しく作成できます。
これにより、企業の再生・成長の為のアクションプランや定性的目標・定量的目標を立てやすくなるのです。

全従業員の意識改革

経営プロセスを数値化することで、「見える化(可視化)」が実現できます。現代では、多くの企業が経営の可視化に取り組んでいます。数値化して誰にでも分かりやすく情報を発信できると、経営者や管理職だけでなく、実際に現場に立つ従業員一人ひとりの意識向上に繋がります。

企業の成長には、経営者が考えている理念や目標を具体的な数値にし、組織全体で共有して同じ方向性で業務遂行していく必要があります。

ビジネススピードの向上

変化が著しく予測困難な社会で安定した経営を続ける為には、変化に柔軟に対応する「経営スピード」が重視されます。スピードアップの要素として、数値化による可視化が注目されています。業務プロセスの効率化を図る為には「プロセスを改善する」という重要な判断が必要となります。

それにより業務の流れに大きな影響をもたらす為、慎重かつスピーディーな判断が求められます。数値化された情報は、そのような場面でも有効な判断材料となりえるのです。

経営数値・経営指標を明確にして中小企業の再生・成長をお考えの方は、総合経営計画コンサルティング会社へご相談ください。東京に事務所を構えている当社は、客観的な視点で事実を基にした分析を行い、様々な課題において実施可能な施策をご提案させていただきます。

「社長の夢をカタチにする」経営計画コンサルティング会社として、事業計画コンサル業務支援コンサル・営業研修・教育研修など、どのようなご相談にも親身に対応させていただきます。
東京近郊で経営に関するご相談でしたら、ぜひ経営計画コンサルティング会社である当社へご連絡ください。社長と一緒になって経営計画を作成します。