会社の収益改善の障害となっている問題を解決に導く為に、我々の経営コンサルティングが頼もしい存在だというお声を頂いています。多くの経営者の方が当社の経営コンサルティングを利用することで様々なメリットが得られたとおっしゃってくださいます。当社では、経営に関する問題点や解決すべき課題の相談に乗るだけでなく、コンサルタント自らが動いて社長を支援します。こちらでは、我々の経営コンサルティングがどんな面で役に立つと言われているのかをご紹介いたします。

知識とノウハウ

我々の経営コンサルティングは、収益改善を行う為に専門の訓練を受けていますので、専門的な知識やノウハウの引き出しが多くあります。ご相談内容に応じて、その知識とノウハウから御社の現状や社会的変化、業界動向を徹底的に調査、分析し、御社に最も合った解決策を提案します。会社が解決できないと考えた問題でも、幅広い視野で物事を客観的に見つめた時に思いもよらなかった方法が見つかる場合があります。

情報の整理

我々の経営コンサルティングは客観性を重視します。その為、企業の情報を整理します。情報には財務情報を始めとして、指揮命令系統の情報、組織人事制度の情報等、様々なものがあります。例えば、売上を改善する際には、顧客別、商品別、営業担当者別、成約率等を分析し、定量的に結果が出る施策を打ちます。情報がない場合には、情報を得る為の取り組みを含めて支援いたします。定量的な情報を元にしている為、勘や思い込みに頼ることがなく、成果が分かりにくい、結果が出ないということがないのです。勿論、アイディアや人事制度等、短期的に成果が出にくい施策もあります。この場合にはその旨、お伝えします。

だから我々には、よくある『経営コンサルタント』のように、「大企業のやり方を押し付けられた」、「何の成果もなかった」、「机上の空論」という声がないのかもしれません。

人材不足や経営者の時間不足を補える

経営者が一人で全てのことができれば良いのですが、実際にはお忙しい社長さんが多いのではないでしょうか。勿論、人を雇って経営企画室を作る方法もあります。しかし、この方法では経営企画をできる人材を探さなければなりませんし、採用もしなければなりません。雇用の責任も負います。中小企業の多くには現実感がないのではないでしょうか。当社のコンサルティングは実際に自ら動いて、実効ある施策を支援しますので、経営者の方からやりたかったことができたというお声を頂いています。

当社は、総合コンサルタントとして、夢の実現に向けて経営に携わる社長を支援することが使命であると考えています。経営を軌道に乗せる為には、中期経営計画策定、営業力強化、管理会計の見直し、効果的な研修の取り入れなど試行錯誤の連続です。その結果が利益というカタチで表れます。勿論、これを維持していくことは容易ではありません。御苦労なさっている経営者の方も多いのではないでしょうか。

IT社会と言われる世の中で、ITをいかした経営コンサルティングは、心強い支援となります。当社は総合コンサルタントとして、ITや財務に強いコンサルティングを行っています。東京を拠点としていますが、他県からでもお気軽にご相談いただければ、全面的に支援いたします。