補助金 各種


ものづくり・商業・サービス革新補助金

  • 革新的サービス開発か、国が指定するモノづくり基盤技術に対する補助金

  • 補助限度額: 1000万円、設備投資がない場合は 700万円

  • 助成率: 2/3

  • 助成対象: 新サービス・新商品・、試作品作成に関する費用

小規模事業者持続化補助金

  • 、新規顧客開拓の取り組みに対する補助金。新規顧客開拓の為の費用が出るので使いやすいが、額が低い。

  • 補助限度額: 50万円。新規雇用がある場合は100万円

  • 助成率: 2/3

  • 助成対象: 新規顧客開拓の為の費用

  • 商工会議所に訪問の必要あり。

創業補助金

  • 文字通り創業の為の補助金。継続性や独創性が評価される。

  • 補助限度額: 200万円

  • 助成率: 2/3

  • 助成対象: 事業に直接関わる費用

補助金の共通備考

  • 申請した事業に直接関係すると認められた費用だけが対象となる。

  • 使い切ってしまう費用は対象になりやすく、設備投資など後に残る費用は対象になりにくい。各補助金の内容を確認する必要がある。

  • 一般に期間が決められており、その中で使った費用だけが対象となる。

  • 補助金の支払いは、全ての対象経費を使い切って申請した後になるので、それまでの資金は用意する必要がある。

関連記事