賃下げを行うには?: 不利益変更


賃下げ等、労働条件を下げることを不利益変更と言う。労働条件は通常、就業規則という形で労働者と契約されており、不利益変更を行う際には就業規則の変更を行う必要がある。不利益変更である就業規則の変更は「合理的」理由がなければできず、又、手続きをしっかりと踏む必要がある。

労働時間・休日・休暇・賃金・退職金など、労働条件は企業と労働者の基本契約である。従って、労働条件は当事者である労働者と会社の合意によって始めて成立する。しかし、一度契約された労働条件であっても、企業業績の悪化、人事制度の変更など、何らかの理由によって、やむを得ず下方修正を迫られる場合がある。これを不利益変更と言う。

不利益変更は、労働者との既存の契約を改定することであり、労働者との合意を必要とする。但し、個別の同意を得たとしても、雇用契約を打ち切られる不安から不利益変更に同意してしまった等と言う理由で、裁判になる可能性も否定できない。

裁判に当っては、変更の「合理性」ということが問われる。合理性とは不利益変更の必要性、変更内容の妥当性、手続きの正当性等を意味する。

就業規則の変更

労働者と個別に契約を結んでいる企業でなければ、一般に労働条件は就業規則に記載がある。従って労働条件の変更は就業規則の変更を伴う必要がある。就業規則変更の手続きは以下の通りである。

  • 労働者からの意見聴取

  • 労働基準監督署への届出

  • 労働者への周知

実は就業規則の変更に労働者の合意は必要ない。「意見聴取」とあるのは、労働者代表に意見を聞くということであり、同意や協議は必要ない。つまり、原則とは異なって、就業規則の変更だけであれば、個別同意は必要ないということになる。

紛争となった場合の争点

就業規則の変更に対して同意しない労働者からは、就業規則変更の無効を求めて、労使紛争や裁判を起こされる可能性がある。その際に問題となるのは以下の点である。

  • 労働者の受ける不利益の程度

  • 労働条件の変更の必要性

  • 変更後の就業規則の内容の相当性

  • 労働組合等との交渉の状況

  • その他の就業規則の変更に係る事情

色々あるが、結局、企業の状況に照らして変更が避けられないのか、労働条件の引き下げ以前に企業努力を充分行ったか、手続きをしっかり踏んだかを総合的に評価されることになる。不利益変更は労働者の利益を損なう行為であるので厳格性を求められるが、まずは変更が労働者や社外の人間から見ても妥当なものなのかを勘案する必要がある。逆に言えば、労働者が納得する内容・手続きであれば、当然、不利益変更も可能であるし、司法としても会社が潰れてまでも労働条件を守れと言っている訳ではない。

※ 本件は個別の事案について述べたものではなく、飽く迄一般論ですので、本記事を参考にした結果として発生する如何なる不利益に対しても責任を持てません。自社で労働条件の引き下げを検討中の方は、当社にご相談ください。

関連記事

  • 賃上げ: 御社はしても大丈夫ですか?賃上げ: 御社はしても大丈夫ですか? ■賃上げ圧力の高まり 経産相が日商会頭らに中小の賃上げ要望を行ったとの報道があった。去年は大企業を中心に賃上げが行われたが、今年も好調な景気を背景に賃上げ圧力は高まりそうな気配 […]
  • 人事制度-給与制度人事制度-給与制度 給与の考え方には、職能、職務、役割、業績等、複数の考え方がある。その内容を以下に整理した。一般的には、ある従業員の給与は下記の考え方の複数を選択し、それぞれの給与・手当に比重を掛 […]
  • 労働生産性: 社員の給料を上げるには?労働生産性: 社員の給料を上げるには? 重要財務指標として3つめは労働生産性を挙げます。総資本経常利益率はいくらの元手でいくら儲かったかを示すものでしたが、労働生産性は従業員一人当たりの粗利を言います。人の働きに注 […]
  • 何故、部下は社長のあなたから逃げていくのか? 其の3 (労働環境・労働時間の改善)何故、部下は社長のあなたから逃げていくのか? 其の3 (労働環境・労働時間の改善) ホンネの離職原因で2番目に高いのが労働時間・労働環境への不満であった。 それでは労働時間や労働環境はどう改善すれば良いのだろうか。 ■ […]
  • 問題解決技法問題解決技法 問題解決はマネジメントの一機能である。 マネジメントの基本的な使命は、目標達成と組織存続である。目標達成には、資源配分・活用と進捗管理、そして組織存続には動機づけ・人材 […]
  • 賃上げ: 御社はしても大丈夫ですか?賃上げ: 御社はしても大丈夫ですか? ■賃上げ圧力の高まり 経産相が日商会頭らに中小の賃上げ要望を行ったとの報道があった。去年は大企業を中心に賃上げが行われたが、今年も好調な景気を背景に賃上げ圧力は高まりそうな気配 […]