在庫管理: 仕入れ管理の徹底 – 小売業業務改善(コンサルティング)事例

複数店舗を展開する小売業で、店舗発注がある場合には、その管理を徹底する必要がある。以下の記述は在庫管理の徹底を行う為、店舗での発注・入荷・欠品確認といった仕入れ手順の業務改善を行ったコンサルティング事例である。結果として…

経営者から始める収益改善の方法(5)<事業再生・経営改善の現場から>

明日のためのその13: 資産を圧縮し、資金繰りを改善する 企業を運営して行く為には運転資金が必要になります。例えば、仕入れ→販売→入金というサイクルになっている企業では、商品や原材料を一定量保持した上で販売を行い、企業間…

部門別採算制

部門別採算制は文字通り各部門毎の損益を明らかにする仕組みである。部門毎の採算が明らかになることにより、問題箇所の特定ができるようになり、又、各部門長の責任を明確にすることができる。責任の明確化に加えて、各部門長に結果が「…

在庫管理: 在庫管理の方法

在庫は「悪」ということで、本日は在庫管理についてお話しします。 在庫管理の方法も在庫管理コンサルティングも在庫予算決定、実地棚卸し、在庫把握の仕組み構築、 在庫予算超過時の対策という段階を踏みます。 在庫管理の順序(在庫…

在庫管理: 在庫は何故「悪」か?

財務の話が長く続いたので、本日は在庫について記載してみます。 まず、小売業以外では、何故「在庫は悪」「在庫を見たら親の仇と思え」と言われるのでしょうか。 在庫はそれ自体で付加価値を産まないからですね。 これに答えられる人…