ナンバーワン企業の法則: Product Leadership, Client Intimacy, Operation Excellence


業界No.1の企業に何か共通の特徴はあるのでしょうか。M・トレーシーは、何年もかかって、業界No.1の企業を調査し、これらナンバーワン企業に共通する特徴を見つけました。それは理念として、製品の革新性(Product Leadership)、顧客との関係性(Client Intimacy)、運用の卓越性(Operation Excellence)のいずれか一つを明示的に保持しているということです。「明示的に」というのが要点で、これらの企業ではこの3つの内、いずれか一つを経営理念として掲げ、これを株主、社員、従業員全員が理解しています。

米国のコンサルタント兼著作家であるマイケル・トレーシー(Michael Treacy)は「The discipline of market leaders:(邦題)ナンバーワン企業の法則」という著作を発表しました。これは、何年もかかって、業界ナンバーワンの企業を調査した結果です。ナンバーワン企業に共通する特徴は、Value Discipline(価値規範)を明示的に「たった1つだけ保有していること」でした。価値規範というのは、戦略というより寧ろ、企業の軸足を置く点というか、従業員が共有している信念といった理念に近い概念です。価値規範は次の3つです。

  1. Product Leadership

    常に製品革新を行い、業界を主導する。

  2. Customer Intimacy

    市場の求めるものではなく、特定の顧客が求めるものを提供する。

  3. Operational Excellence

    事業の革新ではなく、経営・業務の効率化に専念する。

No.1企業は、以上の3つの価値規範に対して、次のような企業努力を重ねています。

  1. 3つの価値規範のどれかで突き抜けて1番になること

  2. 残り2つの規範において、まずまずの水準を達成する(最低限、競合の弱みを駆逐する)こと

  3. 選択した価値規範の改善を常に行うこと

皆さんは、この3つの価値理念の中の1つを選択して自社の価値理念とするならばどれを選択しますか。「商品の優位性」「ビジネス運営の卓越性」「顧客との親密性」のうちの1つです。

関連記事

  • 経営戦略経営戦略 「人間ならば誰にでも現実の全てが見えている訳ではない。多くの人は見たいと思う現実しか見ていない。」古代ローマの武将・政治家 […]
  • 経営戦略: 策定の仕方経営戦略: 策定の仕方 前の記事で VISIONについて書きましたので、今日は戦略をテーマにしてみたいと思います。 そもそも、戦略とは、経営理念を実践し、経営 VISION […]
  • 戦略フレームワーク戦略フレームワーク 外部環境分析、業界動向、競合調査、自社資源把握、実態把握と言った事実の収集を進める中で上がってくる事柄は多岐に渡る。この事柄を整理し戦略を立案する手法として「戦略フレームワー […]
  • ギャップ分析(課題と問題)ギャップ分析(課題と問題) ギャップ分析 ギャップ分析は、理想と現実の差異を課題と捉え、理想を達成する為には何が必要かを分析する課題抽出法である。企業経営でいうところの理想とは理念の実現、 […]
  • 経営理念は儲かるか?(経営理念の意義)経営理念は儲かるか?(経営理念の意義) 経営者の為のいまさらヒトに聞けないMBA/経営の基礎知識 よく「ウチは小さい会社だから経営理念は要らないよ」とか、「理念とか社是って儲かります?」とおっしゃる方がいます。 […]
  • 経営理念 策定テンプレート経営理念 策定テンプレート 以下に経営理念策定テンプレートを掲載した。経営理念を決めるのに決まった方法があるわけではない。下記の例は、主に創業者が自らの経験を振り返りながら経営理念として形にする […]