企業を健全に経営する為の指針となる「中期経営計画(中期計画)」。不安定な経済状況下で企業の発展を望むのでしたら、総合経営コンサルタントと共に中期的なスパンで経営計画を見直していきましょう。

企業の成長に欠かせない「中期経営計画」

グローバル化やIT化、価格競争、競合との差別化など、中小企業の再生・成長を行うには様々な課題が待ち受けています。多様化するビジネス社会において、焦点を合わせて常に勝ち残っていく為には、長期的な計画のみでは限界があります。又、単年度の計画では戦略の視点が抜けがちです。

3~5年といった中期的なスパンで「現在何が問題となっているのか」「具体的にどのような行動に出るべきか」などを検討して、企業の指針となる目標を掲げる必要があります。その目標を組織全体で共有して同じ方向性で業務を遂行することが企業の成長を左右するポイントです。

中期計画で効率の良いPDCAサイクルを

安定した経営を進めるには、PDCAサイクル「Plan(計画)、Do(実行)、Check(確認)、Action(改善)」といったプロセスを絶えず繰り返す必要があります。PDCAサイクルは、時代の流れや環境の変化などが著しく進む現代社会で、その流れに順応していく為のカギとなります。

中期経営計画を策定とPDCAの検証サイクルを実施することで、中期的なスパンで目標達成までの道筋が間違っていないか、ブレていないかを常に検証して改善して行く事ができます。

中期経営計画の難しさ

中期経営計画は実践してこそ意味を成すものです。しかし、環境の変化を視野に入れた中期経営計画を作成するのは簡単ではありません。
例を挙げると、現在進行しているプロジェクトの予算や売上見込みを計画したとしても、全てが計画通りに進むとは限らないからです。プロジェクト進行中のライバル会社の動きや顧客のニーズ、売上アップの理由などを客観的に考察していく必要があります。
中期経営計画には、客観性、具体性が求められるのです。又、年度の終わりに当期の業績検証を行った後、中期経営計画を見直すのが一般的です。

当社は、社長の夢を支援する総合経営コンサルタントです。企業の現状や環境などをしっかりと調査・分析した上で、客観的な視点を持った中小企業診断士によって最適なご提案をさせていただきます。 東京を中心に、営業や教育セミナーマネジメント財務計画など経営に関する多種多様なご依頼を承っている総合経営コンサルタントですので、お気軽にご相談ください。