共済の紹介


共済制度には税務上の損金算入ができる等、特典が多い。代表的な中小企業向けの公的共済は以下のものがある。

小規模企業共済

小規模企業の「役員のための退職金制度」。毎月掛金を積み立てると、将来、廃業や役員の退職のほか、死亡や老齢などの事由により共済金がもらえる。

対象
従業員数20人(商業・サービス業は5人)以下の事業者
掛け金
掛金は最高で毎月70,000円まで。掛金が全額損金算入
解約
解約返戻率 1 ~7年 80%から順次増加。20年 100%。

将来受け取る共済金も、一括であれば退職所得、10年または15年分割で受け取ると公的年金と同じ扱い雑所得として扱われ、税制上掛金と受け取りのダブルの段階で優遇

中小企業退職金共済

中小企業の従業員の為の退職金制度。中小企業者が、従業員ごとに独立行政法人の「勤労者退職金共済機構」と契約を結び、掛金を納付すると、従業員の退職時に直接機構から従業員に退職金が支払われる。

対象
業種常用従業員数資本金・出資金
一般業種(製造、建設等)300人以下又は3億円以下
卸売業100人以下又は1億円以下
サービス業100人以下又は5千万円以下
小売業50人以下又は5千万円以下
掛け金
従業員1人当たり 3万円まで。掛金が全額損金算入
解約
解約返戻制度なし

加入当初には国から助成。廃止が決まっている適格退職年金からの移行先として認定。懲戒解雇の場合に退職金を減額しても、その分事業主に返金されなかったり、2年以内に退職した場合は掛金額以下の退職金しか出なかったり(1年以内はゼロ)とデメリットも。

中小企業倒産防止共済

取引先の倒産で回収困難な事態になった場合に掛金の10倍以内で、無利子、無担保、無保証人で迅速に融資

対象
業種 資本金・出資金 常用従業員数
その他業種(製造,建設,運輸等) 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
小売業 5,000万円以下 50人以下
IT業 3億円以下 300人以下
旅館業 5,000万円以下 200人以下
掛け金
掛け金20万円まで。全額損金算入。一年未満の前納分も損金に算入。
解約
40ヶ月以上加入した場合に解約すると、解約手当金がちょうど掛金分が戻ってくる。解約返戻率は、掛金納付月数が
12か月未満の場合=0円、
12か月以上=80%、
24か月以上=85%、
30か月以上=90%、
36か月以上=95%と漸増、
40か月以上になると掛金累計額の全額が返戻し

関連記事

  • 補助金 各種補助金 各種 ものづくり・商業・サービス革新補助金 革新的サービス開発か、国が指定するモノづくり基盤技術に対する補助金 補助限度額: 1000万円、設備投資がない場合は […]
  • 経営改善計画策定支援事業経営改善計画策定支援事業 『経営改善計画策定支援事業』は、中小企業の経営計画策定&進捗管理を支援する制度です。計画策定の為に掛かったコンサルティング費用の2/3を国が補助します。計画策定及び進捗管理は国が […]
  • 「赤字企業7割」は本当か?「赤字企業7割」は本当か? よく日本の赤字企業は7割/70%と言われます。さすがにそんなに多くないでしょということで調べてみました。 上のグラフは国税庁が発表している会社標本調査という調査の結 […]
  • 債務超過とは? 債務超過は何が問題か? 東芝の原発事業債務超過とは? 債務超過は何が問題か? 東芝の原発事業 俄かに東芝の原発事業が経済ニュースの1面を飾るようになった。 1月27日付けの日経新聞にも「みずほ銀、東芝を「要注意先」に下げ […]
  • 経営者から始める収益改善の方法(1)<事業再生・経営改善の現場から>経営者から始める収益改善の方法(1)<事業再生・経営改善の現場から> 本当に会社を立て直せるのか、苦境にある企業の経営改善を行う為に、 必要と思われることをまとめてみました。 明日のためのその1: […]
  • 賃上げ: 御社はしても大丈夫ですか?賃上げ: 御社はしても大丈夫ですか? ■賃上げ圧力の高まり 経産相が日商会頭らに中小の賃上げ要望を行ったとの報道があった。去年は大企業を中心に賃上げが行われたが、今年も好調な景気を背景に賃上げ圧力は高まりそうな気配 […]