経営理念を策定してみよう(策定方法)


前にも書いたが、経営理念とは経営者の仕事に対する哲学を言葉を中心としてカタチにしたものであり、その意義は自社と関係を持つ利害関係者に自社の考え方を伝えることにある。勿論、用語法に関しては、「経営理念」という単語の定義があるわけではなく、慣習として使われることが多い為、本稿で述べる単語も一般的な使い方に過ぎず、それ以外の使い方もあることをおことわりしておく。

ある会社の利害関係者は一般的に、社員・従業員、・コミュニティ、取引先、株主、地域・社会が挙げられよう。 企業はそれ自体が、個人やグループと価値や金銭のやり取りをするものと考えることができる。 そして、企業努力の結果として、自社が提供するものに対して、顧客が仕入れよりもより高い価値を感じた場合、 この差が粗利になる。粗利から経費を引くと利益になる。 勿論、企業それ自体も経営者・従業員・株主と言った個人やグループから構成される。

利害関係者(ステークスホルダー)

まず、自社を考えてみると、経営者(経営陣)がおり、業務を行う社員がいる。 社長の個人出資以外を受け入れているとすれば、株主の方が別にいることになる。 状況によっては、金融機関やVenture Capital(ベンチャーキャピタル)がついているかもしれない。 企業は取引先から仕入れ・調達を行っており、顧客には価値を提供している。 この枠組み自体は地域・社会の恩恵があって成立している。

そこで、下記の図は、経営理念と類似の概念を利害関係者別にまとめたものである。

経営理念のコンセプト:ミッション・行動規範・理想的人物像・CSR・社是・社訓

経営理念は、ミッション(企業使命)や行動規範、理想的人物像、CSR、、社訓等の概念を 包括したものと考えることができる。 経営者が特に大事だと思われることを別個に抜き出したものがそれぞれの用語となる。 ミッション(企業使命)は特に顧客に対してどう貢献してくか、 それが結果としてコミュニティにどう影響するかということに言及する。 ・理想的人物像は、主に社内や社外でどういう立ち振る舞い、行動が望ましいのかを記載したものである。 社是は会社としての判断基準を示し、社訓は仕事において大事な点、気を付ける必要がある点を示すことが多い。

参考までに下記に企業使命・社是・行動規範の例を記載する。 ボタンを押すと例が表示される。

  • Microsoft: 企業使命「世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を、最大限に引き出すための支援をすること」
  • カワサキグループ: ミッションステートメント「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する“Global Kawasaki”」
  • 価格コム: ミッション「ユーザー本位の価値あるサービスを創出しつづける」 生活者視点の新しい価値を提供して、日々の生活を豊かに
  • 三菱重工: 社是
    一、 顧客第一の信念に徹し、社業を通じて社会の進歩に貢献する。
    一、誠実を旨とし、和を重んじて公私の別を明らかにする。
    一、世界的視野に立ち、経営の革新と技術の開発に努める。
  • 京セラ: 社是
    敬天愛人 常に公明正大謙虚な心で 仕事に当り 天を敬い 人を愛し 仕事を愛し 会社を愛し 国を愛する心
  • 日本経済新聞社: 社是
    中正公平、わが国民生活の基礎たる経済の平和的民主的発展を期す
  • P&G: 行動原則
    ・私たちは、すべての個人を尊重します。
    ・会社と個人の利害は分かち難いものです。
    ・私たちは、戦略的に重要な仕事を重点的に行います。
    ・革新は、私たちの成功の礎です。
    ・私たちは、社外の状況を重視します。
    ・私たちは、個人の専門能力に価値をおきます。
    ・私たちは、最高を目指します。
    ・相互協力を信条とします。
  • ANA: グループ行動指針 6箇条
    1. 「安全」こそ経営の基礎、守り続けます。
    2. 「お客様」の声に徹底してこだわります。
    3. 「社会」とともに歩み続けます。
    4. 常に「挑戦」し続けます。
    5. 「関心」を持って議論し、「自信」を持って決定し、「確信」を持って実行します。
    6. 人を活かし、チームワークを「力」にし、強いANAグループをつくります。
  • スターバックス: 行動指針
    ・ お互いに尊敬と威厳をもって接し、働きやすい環境をつくる
    ・ 事業運営上での不可欠な要素として多様性を受け入れる
    ・ コーヒーの調達や焙煎、新鮮なコーヒーの販売において、常に最高級のレベルを目指す
    ・ 顧客が心から満足するサービスを常に提供する
    ・ 地域社会や環境保護に積極的に貢献する
    ・ 将来の繁栄には利益性が不可欠であることを認識する

以上のことから、経営理念の策定は以下の空欄を埋め、短い語句に纏めれば完成する。 ただ、経営理念を既に策定している人を除いて、空欄を直ぐに埋められる人は少ないだろう。 別途、経営理念策定テンプレートを用意したので、 そちらも利用してみていただきたい。

  要点 気持ち 貢献
  基本的な考え方をまとめる 関係者への気持ちを記載 関係者へどう貢献するか
対 顧客・コミュニティ      
対 社内      
対 その他、利害関係者      
対 地域・社会      

関連記事

  • 経営理念は儲かるか?(経営理念の意義)経営理念は儲かるか?(経営理念の意義) 経営者の為のいまさらヒトに聞けないMBA/経営の基礎知識 よく「ウチは小さい会社だから経営理念は要らないよ」とか、「理念とか社是って儲かります?」とおっしゃる方がいます […]
  • 経営理念 策定テンプレート経営理念 策定テンプレート 以下に経営理念策定テンプレートを掲載した。経営理念を決めるのに決まった方法があるわけではない。下記の例は、主に創業者が自らの経験を振り返りながら経営理念として形にする […]
  • 経営理念の事例: 参考となる経営理念・VISION経営理念の事例: 参考となる経営理念・VISION 経営理念の理屈は分かったといっても、実際の例がないと中々ピンとこないことも多いかと思います。ここでは参考となる経営理念、経営ビジョン、社是、社訓の事例、サンプルを纏めてみました。 […]
  • 経営ビジョンの事例・具体例経営ビジョンの事例・具体例 経営Visionの事例・具体例 下記に実際に策定された経営ビジョンの事例・具体例を収集した。 経営ビジョンという言葉はそれ自体に普遍的な定義がある訳ではないが、 一般的 […]
  • 経営計画: 中期計画の立て方経営計画: 中期計画の立て方 ここでは経営計画(中期計画)の立て方を簡単に説明します。経営計画(中期計画)は、経営者の夢を実現する為の行動計画と、夢を財務的な数値として表したものです。つまり、これから何をして […]
  • 経営理念 策定テンプレート経営理念 策定テンプレート 以下に経営理念策定テンプレートを掲載した。経営理念を決めるのに決まった方法があるわけではない。下記の例は、主に創業者が自らの経験を振り返りながら経営理念として形にする […]